2018年9月7日金曜日

Porsche 911 CDI その2


壊れる原因を追求し、耐久性向上、性能アップ・・・・

そんな、中で色々な問題が出てきました。
CDIの性能を上げたことから、
コードやコイルも見直さなければ
なりません。







純正タイプのボッシュをはじめ、ワコー、MSD、など4種類のコイルでテストしました。

600回転から8000回転想定
〇純正タイプ ボッシュ(0 221 119 027)
ミスするとCDIとケンカ状態になり、電源部に負荷がかかります。
CDI自体の性能を上げると、このコイルは使えません。
〇ボッシュ (0 221 119 030)
 高回転になると、少しミスが出だしますが
問題ない範囲だと思います。
〇WAKOコイル(シルバー)
放電が長いのが特徴で、高回転は
二つ目のボッシュと同じような感じ。
しかし、シルバーは単体での販売が中止に成っています。
〇MSD 閉磁型
30000回転想定でも全くミスがありません。
凄い!

純正タイプのボッシュには、ちょっとガッカリ・・・
絶縁も良くないようで、CDI自体の性能を上げると、このコイルは使えません。
ワコーとボッシュの容量の大きいタイプは同じような感じ・・・
性能だけなら、MSDという結果でした。

さてここからが問題・・・


車とのマッチング
(実車で感じる性能差・・・?)
見た目も大事でしょう・・・!
コードやコイルとのマッチングも大事。

性能的にメリットが無ければ
余分な部品を変えずに、CDIだけで
安定した性能が復活して、尚且つ耐久性が上がるほうが、実用的です。

最終的に実車での比較試験では、純正タイプのボッシュを除き
MSDとBOSCHの赤、2種類で行いました。


つづく・・・




2018年7月12日木曜日

Porsche 911 CDI


一度は、遣ってくる悪夢!
ナローのCDIが壊れた!
現在、新品の供給はなくリビルト対応だけに
成ってしまっています。
価格は、PJで20万ぐらいしているようです。
以前、国内の業者がリビルトしたものを購入しましたが、
これも寿命が短かった・・・。

これが無いと、動かないし・・・
だと言って見た目が変わるのも、ナローらしくない・・
と思うのは、僕だけではないと思います。

何とかこの箱の中に収めて、純正新品同等以上!
のものが作れないかと専門家にお願いして、試作を繰り返して
1年以上が経過しました。
現在の技術を使えば、簡単に解決しそうなこの問題。
しかしなかなか、奥が深い!
1993年の964Turbo3.6まで同じ回路、同じ部品を使っているところ
1960年代にこれを開発したことは、凄いことだと思います。
ポイント点火やフルトラとは比較にならないぐらい良い状態で
点火するんですから・・・。
ちょっと大げさですが、当時としては軍事レベルの部品が使われていたり
現在同等の部品を入手するにも、同じような部品の数十倍の
値段になってしまうものがあったり・・。
現在簡単に手に入る部品では、耐久性に問題があったり・・・と・・・
いろいろな事が分かりながら、何とか完成に近づきました。

あとは、コイルとのマッチングと実走テストをして
完成予定です。
火花がよくらるだけでは、どう変わるかわかりませんが
ベンチ上では、かなり良い結果が出ています。

またご報告します・・・・つづく・・・






2018年4月23日月曜日

1986年 Porsche 930 Carrera Cabriolet





























1986年 Porsche930Carrera Cabriolet 
㈱スペックス 在庫車輌 http://www.specs911.com/carstock/
問い合わせ先 052(901)0808


ポルシェ911のカブリオレは、1983年の930中期から1997年の993までの10年間、殆ど同じ構造のトップを使って生産されました。それまで、911のオープンボディーと言えば、タルガだったのに加え完全なオープンボディーで登場。北米やヨーロッパでは大人気だったタルガを、1984年以降は凌ぐ勢いで生産されました。日本では、タルガやカブリオレといったオープンボデーは、あまり人気がありませんでしたが・・・。
生産台数を見ると、北米やヨーロッパでは911モデルの約半数がオープンボディーだったことが分かります。日本では意外ですが、タルガとカブリオレを合わせるとクーペとほぼ同じ台数が生産されていたわけです。思い出せば・・・アメリカ映画で昔登場した911は、タルガやカブリオレが多かったような気がします。僕が911に興味を持ちだしたころ、周りでは既に、オープンはボディー剛性が低くて911らしくないと邪険に扱われていたような気がします・・・。


1984-1986  Porsche 911 Carrera 生産総数40337
      Coupe  19125台(EU/11593US/6860JP/672
Targa  11047台(EU/4662US/6178JP/207
cabriolet  10165台(EU/5776US/4227JP/162) 
1987-1989  Porsche 911 Carrera  生産総数37417
Coupe  17414台(EU/10493US/6183JP/738
Targa  8455台(EU/3698US/4592JP/165
cabriolet  11548台(EU/5252US/6130JP/166) 


1986年式のCabrioletを今走らせてみて一番感じる事は、昔ほど剛性やらハンドリングに不満は無い事です。屋根を開けてしまえば、クーペより少し緩く感じた剛性も、乗り心地のソフト感に代わり、クーペよりコンフォートな911になります。
Carrera3.2の操作感と俊敏性を十分に楽しめ、オープンボディーでの優雅さと開放感を楽しめる車です。オープンボディーのスポーツカーは、希少性が高くイメージ的に優雅ですが、スポーツカーとしての運動性能を考えたとき、剛性面では不利です。その相反する2つを高い次元で融合させた処にその車の価値があると思います。北米やヨーロッパで、オープンボディーの911が人気だった事は、そこが優れていたからではないでしょか・・・。911は、独特のその構造から、クローズドボディーとオープンボディーの性能差が少ないモデルで有る事は間違いありません。現代のオープンボディーと比べてもその部分では確実に上回っていると思います。

2018年2月9日金曜日

1993年 全日本ツーリングカー選手権

友達がこんなの送ってくれました。
確かに若い!!









懐かしい・・・。

2017年11月21日火曜日

1/1 プラモデル その9 

やっとボディーが載りました。
歪みが無く、穴の位置がちゃんと合ったので一安心です。





フレームとボディーの結合部分には、
ラバーとスチールの板がサンドイッチに成って入ります。

外した部品は、こんなん・・・・・・・。
部品で購入しましたが、余りにも貧弱・・・・で、結局、作り直しました・・・。
ラバーは、繊維の入った5mmの
コンベアベルトを加工して、スチールの板は材料が無かったので
外注して・・・。



やっと形になってきて・・・ここからは、
結構楽しそうです。

2017年10月17日火曜日

1/1 プラモデル その8

エンジン 
ヘッドは、バルブ等を交換して無鉛ガソリン用にバルブシートを打ち直しました。
この作業は、自分では心配なのでメカニックに任せて・・・・・。


まもなく、完成です。
ブロックは、分解したときにウォータージャケットの錆とりをして、コアプラグを交換しました。クーラントは、ウオーターレスのEVANS Classic Coolを入れようと思います。
気持ちの問題でしょうけど、一度使ってみます。
















ミッションは、O/Hキットを買って、
ベアリング類とシンクロ、摩耗しやすい
カウンターギャシャフトを交換・・・・。
これが意外に大変でした・・・。











組み立てながらクリアランスの調整ができないので、初めは組んだら・・・・硬くて回らないし・・・ベアリングは、ケースから少しはみ出すわ・・・・。シムを追加購入・・・して・・・・手伝ってもらって・・・・最終的にはバッチリ!!
計測して調整したはずなのに・・・10回は組みなおしました・・・。


2017年10月15日日曜日

1986年 ポルシェ930Carrera3.2

1986年 ポルシェ930カレラ3.2
㈱スペックス 在庫車輌 http://www.specs911.com/carstock/
お問い合わせ 052-901-0808



1986年は、あの959が誕生した年です。
今回の930Carrera3.2は、珍しいマスカットブラウンです。資料によると1985年と1986年にしか生産されていないボディーカラーです。この年式の特長は、信頼性と耐久性アップの為1987年から採用される、G50ミッションに対して1986年までは、915ミッション(1960年代のレーシングカー直系のポルシェシンクロ・ミッション)を搭載している事です。915ミッションは、繊細なタッチを必要とするミッションで、少し慣れが必要です。915ミッションの乗り味は、現在でも、クラッシクなポルシェの楽しさの中でウェイトの高い部分だと思います。車速とエンジン回転を同調させて繋ぐと、吸い込まれるように抵抗が無くギヤが入りシフト感覚には、伝統的な効率性を重視したポルシェ感が満載です。蜂蜜の中をスプーンでかき混ぜるような・・・と、昔表現されたのをよく聞きましたが、僕個人的には、意味が良く分かりません・・・?センタリングのスプリングこそありませんが、チャンと整備された915ミッションは、スムーズで節度が有ります。正しく操作してやれば、実に気持ちいい。

SC204馬力から231馬力(EU)にパワーアップされたエンジンは、純粋なパホーマンス以上に、トルクの増加によるところの方が大きいと思います。それは、市街地など915ミッションと組み合わさる事で、さらに楽しくなります。930系の呼び名の由来となっている”ビックバンパー“も今日では、“ビンテージ”な雰囲気を醸し出すのに一役買っています。
この年代のポルシェ“フラット6”エンジンは、間違いなく当時世界最高の6気筒エンジンです。エンジンそのものが、911だと言っても過言ではないでしょう。しかし、この最高の状態を維持するためには、正確なメンテナンスを受け続けている事が条件になります。これを怠って、悪夢に落ちった事が実は僕もあります・・・・昔。自分で判断するのは難しいので、信頼できる方に見てもらうのが一番いいでしょう。
空冷ポルシェは、どれもキーを回してエンジンをスタートさせたところから楽しみが始まります。冷えた状態から、メタルサウンドで回りだしたエンジンは、温まってアイドリングが落ち着く頃にはその日のエンジンの機嫌を音が知らせてくれるはずです。走り出してもまだ、ギャBoxのオイルは冷えたままなので、少し重く操作するのに忍耐を必要としうるかもしれません。アスリートの体同様、優れたパホーマンスを持つ体は、準備段階が必要で高性能機械も同様です。すべてのオイルが温まって準備が整う過程も、楽しみの一つです。
購入時に、節約だけを考えるのは大きな間違いです。すぐに大きな出費が発生する可能性が有るからです。本来の状態意を維持する、整備が施されてきた個体をお勧めします。
      
        911 Carrera3.2 モデル履歴
1984 MY: 911SCから Carrera 3.2に 、主な違いは、Bosch L-Jetronicの噴射と点火がデジタルモーターエレクトロニクス(DME)によって制御されて、3164ccに拡大されたエンジンです。最大出力は231bhp
1985 MY新しいスタイルのスリムなフロントシート。電動シート高さ/リクライニングとヒーティングオプション付き。ウインドスクリーン一体型ラジオアンテナ。シフトストロークが短くなった。
1986MY Bodyshell10年までの錆保証。フェイスレベルとサイドベント付きの新しいダッシュパネル、より良い熱調節。座席は、20mm下がりました。セントラルロック標準。
1987 MY G50ギアボックスと油圧クラッチ操作を含む主要アップグレード。リアフォグとリバースライトがリア反射ストリップに組み込まれています。
1988年: Fuchs合金(15インチ標準、16インチオプション)が鋳造ホイールに取って代わりました。Carrera Club Sportの導入(オプションコードM637)。
1989 MY赤いダイオードをロックボタンで点滅させる。16インチフックス標準。911スピードスター(19893月より)